学会長挨拶

第44回青森県医学検査学会
学会長 野坂 嘉友
公立野辺地病院 上十三支部長

 第44回青森県医学検査学会の野辺地町での開催にあたり、上十三支部を代表しましてごあいさつ申し上げます。
 ご承知のとおり、日臨技では政府が進める「品質・精度管理にかかわる基準を定める根拠規定」に対応し、 精度管理事業・精度施設認定制度などの精度保証の再構築の検討を進めています。 また、医療の現場で臨床検査技師の確保が難しくなっている中で、 人材確保育成に主眼を置いた講習会や養成校学生協議会(仮称)設立などの事業を展開しており、 その中での本学会となりました。

 本学会の概要は、教育講演として沖縄の浦添総合病院臨床検査部部長 手登根 稔先生に 『検査データから考える血液疾患』を講演していただきます。また、 特別講演は北陸大学医療保険学部教授 油野 友二先生に『臨床検査技師としてのキャリアデザイン−どんな生き方しますか−』 というテーマで講演していただく予定になっています。

 当野辺地町の高台に位置する愛宕公園からは、町全体と穏やかな陸奥湾を広く望むことができます。 豊富な海の幸、冷涼な気候が育てる畑の幸、歴史が伝えた郷土の味、美味しいものが四季を通じて満喫できます。
 是非、お越しいただければ幸いです。

 最後に、行き届かぬ所が多々有ろうかと思いますが、皆様にとって実り多き盛大な学会となりますように、 実行委員一同総力で準備してまいりますので多数の皆様の参加をお願い申し上げます。