平成19年度 第3回理事会 議事録

 

1.      日 時:平成19728() 12:3014:30

2.      場 所:青森市民病院 3階 大会議室

     青森市勝田1-14-20  Tel.0177342171

3.      出席者:横山 慶一、山崎 正夫、今 辰英、齋藤 浩治、田中 一人、中野渡 隆、鈴木 昭子、

古田 芳幸、福村 雅史、野坂 亨治、佐々木 久、田名部 美穂、柏木 さおり

   欠席者:上野 文宏、三上 稔之

 横山会長の挨拶後、定款第4章第24条及び諸規定により、議長に横山会長があたり、書記に佐々木、田名部理事が指名され、審議が行われた。

 

【報告事項】

1.      2回理事会議事録報告

資料として配布された『第2回理事会 議事録』に従って横山会長より報告があり、議事録内容の了承を求めたところ、出席者全員が異議なく了承した。

 

2.      学術部経過報告

   齋藤事務局長により配布資料に基づいて

1)    医療機関における輸血業務一元化に向けた実技研修会

2)    平成19年度精度管理調査項目

3) 日臨技データ共有化事業

 の順に報告があった。

 

3.      公益部経過報告

   山崎公益部長より、配布資料に基づいて高校生心電図検診の問題点について報告があった。

 

4.      渉外部経過報告

   今渉外部長より、特に無しと報告があった。

 

5.      事務局経過報告

齋藤事務局長より、配布資料に基づいて

1)    青臨技関連経過報告

2)    日臨技関連経過報告

3)    今後の予定

4)    組織調査報告

  の順に報告があった。

  

6.      その他

齋藤事務局長より、

1) 日臨技 永年職務精励者表彰該当者について

2) 第2回認定一般検査技師認定試験実施要項について

3)    地震の義援金について

の順に報告があった。

 

【審議事項】

1.        東北臨技功労賞・奨励賞について

横山会長より、配布資料に基づいて平成19年度功労賞・奨励賞受賞者について説明があり異議なく了承された。

 

2.        青臨技功労賞・奨励賞について

横山会長より、配布資料に基づいて平成19年度功労賞・奨励賞受賞者について説明があったが、山崎公益部長より功労賞受賞者に漏れがないかもう一度確認したほうがいいということになり、継続審議となった。

 

3.        叙勲・褒章について

   齋藤事務局長より、配布資料に基づいて叙勲褒章候補者2名の書類を青森県健康福祉部に提出したと説明があった。

 

4. 生涯教育ガイドラインについて

   齋藤事務局長より、日臨技生涯教育の点数のガイドラインが変更になり、青臨技が後援した研修会の場合は参加者が事務局に証明書とともに書類を提出して点数が付くことになる。今後、技師会が後援する研修会については、自己申告をしてもらい点数をつけていくことになる。研修会を共催または後援にして申請するかは各支部で対応してもらうことになった。自己申告書の用紙は青臨技のHPからファイルとしてもらえるようにしたいと説明があった。

5. 平成20年度青臨技学会日程について

   平成20年度第35回青臨技学会は中弘南黒が担当し、日程は5月23日(金)に総会、5月24日(土)に学会を開催することで異議なく了承された。

6.その他

1)   齋藤事務局長より先日行われた学術会議のなかで、青臨技の研修会は今まで参加費をもらっていないが、これからは参加する会員から参加費をもらったらどうか、また講師への謝礼が安いのではないかという意見があり審議された。齋藤事務局長が東北各県の事務局に聞いたところ3県より返事をもらい、講義だけの研修会だと参加費は300円から1000円程度、実習がある場合は試薬等の負担があるため1000円から4000円ということであった。また他県は会員以外の参加も認め、その場合の参加費は会員の23倍となっている。横山会長より、各支部で話し合ってもらい次回への継続審議となった。

2)   齋藤事務局長より日臨技の会長、副会長立候補者届出用紙が届いたので、立候補したい人は事務局まで連絡ほしいと報告があった。

3)   平成19年度事業予定を資料に基づき報告があった。また東北学会の座長の依頼があり、微生物部門に青森労災病院の佐藤氏、病理・細胞診部門に黒石病院の四釜氏、管理運営部門に弘前大附属病院の中田氏、生理部門に西北病院の一戸氏にお願いしたと報告があった。

4)   田中理事より、弘前大学保健学科の三浦先生より学生と現場の技師との交流する場がなかなかないので先日おこなわれた輸血の研修会は大変貴重なことだった。これからの研修会等に学生も参加できるようにしてほしい、そのためには保健学科も協力をしていくと報告があった。それに対し齋藤事務局長がこれから研修会等の案内を保健学科にも送るようにすると報告があった。

 

最後に、次回理事会は平成19921日(金)に開催することを確認し審議を終えた。

 

議長は、定款第4章第28条により、議事録署名人に古田 芳幸氏、福村 雅史氏の両理事を任命し、以上をもって審議を終了したことを告げた。

 

                                                 議事録署名人

 古田 芳幸    印  

福村 雅史    印